子供ちゃれんじ母と子の幼児教室

子供ちゃれんじ ほっぷ

子供ちゃれんじ ほっぷ」は3〜4歳向けのコースになります。

3〜4歳は、自立の第一歩を踏み出すと共に、知的な好奇心が高まる時期。

知育プログラムが本格スタートし、将来の学びにつながる「自分で考える力」や意欲を育みます。

子供ちゃれんじ

子供の為にベネッセが提供している通信教育サービスが「子供ちゃれんじ」です。子供が急転する社会環境に対応して行く為に成長して行くのが必要があるのです。「自らする姿勢」がパワーになると思います。このパワーは子供と「自己パワー」と呼ばれます。子供の通信教育のサービスはこの「自己パワー」が持って来ることができて、ポピュラーであると仮定します。 次に、子供(子供)が意図する子供が成長するので、経験はどういうものですか?以下の通りThreeポイントを与えます。 子供は「自発的にしたいと思います」であると考えることができる教材作成をします。 子供は「プレーで成長するのは可能であり」教材作成をします。 子供ちゃれんじは「親と子供の時間は豊かになる」という教材作成をします。 それはだれで子供の成長を助けるかことです。子供ちゃれんじとそれになる経験。そのうえ、キャラクタの存在が子供なじみ深い状態で「して、混入しよう」を忘れないでください。「して、混入しよう」ので、別の機会では、それは再び報告します。子供の成長は非常に早いです。この子供はみんなと共に「自己パワー」を持って来ることができる教材として発展し続けます。

子供ちゃれんじ

実は私、昔、進研ゼミをやったことがあります。当時、子供ちゃれんじというものはなく、僕がやっていたのは中学生の時ですが、小学生の時に子供ちゃれんじがあればきっとやってたと思うちゃれんじは解りやすく投函すると本当に真っ赤にペンが入って返ってきます。確か当時の子供ちゃれんじは先生に質問がしにくかったと記憶しているがいまの子供ちゃれんじはどうなんだろう?きっと凄く解りやすくなってると思う。子供ちゃれんじはいつまでも子供の為にありつづけてもらいたい。

子供ちゃれんじぽけっとって?

子供ちゃれんじの2〜3歳向け教材が「子供ちゃれんじぽけっと」です。この時期は、何でも自分でやってみたいと言う自我が芽生えて意思表示もはっきりしてきます。

子供ちゃれんじぽけっと」は、自分なりに考え、想像し、取り組む体験を大切にします。「自分でやってみたい!」という意欲を応援してあげましょう。

子供ちゃれんじ ぷちって?

子供ちゃれんじの1〜2歳向けの教材・コースが「子供ちゃれんじぷち」です。1〜2才と言うと何にでも興味を持ち何でもやりたがる時期です。「子供ちゃれんじぷち」は五感をフルに使って自ら発見や体験が出来る教材・コースです。

例えば、「手洗いのしかけ絵本」で外から帰ってきたら手洗いをするとか、「はみがきわんわん」を使って歯みがきを覚えたりとか、基本的な生活習慣を育むことが出来ます。

子供にこう言った事を教えるってとても大変ですよね。是非教材の利用を考えてみてください。

早期教育で気をつけたい点

早期教育をする上で気を付ける点を上げるとすれば、まず成長に見合った教育をしていく事が望ましいと思います。長期的な子供の成長を考えて、どういう人間に育てていくのかを考えて教育をして行くべきです。

他人の子と比較して、親同士の競争にならないように気を付けることも大切です。

早期教育ばかりでなく、子供の自発的な遊びの時間も大切にしてあげましょう。
また、無理矢理早期教育を押し付けると子供の信頼を失い兼ねません。親子の信頼関係は将来の人間関係を築く上でとても大切だと思います。ぜひいっしょに学習するようにしてください。

早期教育は子どもの成長のための一つの方法として考え、偏りが生じないように友人や家族と過す時間と同レベルで楽しく取り組んでいくことが大切なのではないでしょうか。

子供ちゃれんじbabyについて!

子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじbaby)は、お子様の誕生月によってコースを選択します。コース毎にお届け月が違うので正確に申し込んでくださいね。手(チョキ)

また、子供ちゃれんじのコースの途中変更は可能です。成長に合わせて自由にコースを変更する事ができます。最初から誕生日と異なるコースに申し込む事も可能です。

子供ちゃれんじは、途中の号から受講する事も可能です。電話又はホームページからお申込みくださいね。ハガキやFAXでは、最初の6カ月号からのスタートのお申し込みしかできませんので、ご注意ください。

子供ちゃれんじは、6カ月号の申込締切を過ぎての申込みも可能ですが、時期が過ぎている号は同時期に届いてしまう場合があります。お届け月の12日を過ぎている号は、入会受付後約10日で同時期にお届け。

妊娠中に子供ちゃれんじを申し込む事は出来ません。お申し込みにはお子さまのお名前や生年月日についての確実な情報が必要なのです。

子供ちゃれんじって?

子供ちゃれんじこどもちゃれんじ)は、ベネッセが提供している通信教育サービスです。
子供ちゃれんじこどもちゃれんじ)では、激変する社会環境に対応して成長していかなければならない中で必要とされるものは、「自分からやりたいと思う」力だとしています。この力を子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじ)では、「じぶん力」と呼んでいます。
子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじ)の通信教育サービスは、この「じぶん力」を育むことが出来るとして人気があります。
では、子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじ)の言う子供が成長していく為の体験とはどのような事でしょうか。以下に三点あげます。
子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじ)は「自らやりたい」と思える教材作りをしている。
子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじ)は「遊びの中で成長できる」教材作りをしている。
子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじ)は「親子の時間が豊かになる」教材作りをしている。
以上が子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじ)が掲げる子供の成長の助けとなる体験です。
また、子供ちゃれんじ(こどもちゃれんじ)のお馴染みのキャラクター「しまじろう」の存在も忘れてはいけません。「しまじろう」に関しましてはまた別の機会にレポートします。
子供の成長はとっても早いです。「じぶん力」を育むことができる教材として、この子供ちゃれんじこどもちゃれんじ)は日々進化しています。

早期教育の問題点

早期教育が良いとされる一方で、反対意見つまり問題点とされている部分もありますので、紹介しますね。

3歳までに脳の重さが急激に重くなることは確かだが、構造ができるだけであって、機能が発達するわけではない。脳が未成熟なうちに特定の情報を送り込みすぎると、その後の学習のための領域まで使ってしまうのではないかとの意見があります。

カード教材を使った記憶など覚えるという本人の自覚がない記憶は時間の経過とともに再生が困難になるのではないか?

本来の遊びと早期教育の遊びの違いですが、遊びは本来、自発的に作り上げていく世界であるのに対し、早期教育の場合は準備された活動の世界を受動的に受け入れることで成立する世界です。また、集団の遊びが減ることで協同作業が苦手になてしまう可能性や、協調性のない子どもに育ってしまう可能性がある。

パターン化された早期教育は、受け身の学習が多いと言われています。そのため、子どもは自発性・創造性の領域の発達が抑圧されてしまう危険性があります。

親の期待に応える子は良い子で、期待に応えられない子は駄目な子というように自己肯定感が失われたり、大人を喜ばせるために努力するなど自分らしさを失う危険性がある。
 
早期教育は、目に見える事柄のみを重視し目に見えない「心が育つ」過程をおろそかにしているのではないかと危惧。結果人間性が欠如してしまう。

脳の成長は乳幼児期が最も早い

生後まもない頃の大脳の重さって約400gと言われています。それが半年後には倍の約800gに、そして6歳になる頃には大人とほぼ同じ重さの1200gにまで成長します。しかし重さは増えても運動や知覚を司る中枢の神経細胞の数は約140億のまま減ることはあっても増えることはありません。

学習や経験によって大脳に刺激をあたえると個々の神経細胞の樹状突起が伸びてさかんに枝分かれをくり返すため重さとなって現れて来るのですが、この枝分かれが最も盛んなのが乳幼児期と言われています。

すなわち乳幼児期の3歳頃までに脳に与えられる刺激が脳の成長に大きく影響してくるという事になります。学習する時期が早ければ早いほど頭の良い子に育つ可能性が高くなるという事になりますね。